2020年7月25日(土)

ひたちなかの那珂湊図書館で企画展 本と人形で語る戦争 子どもの生き抜く姿表現

【AD】

今年は戦後75年の節目の年。昭和の元気な子どもたちを知ってもらおうと、ひたちなか市立那珂湊図書館(同市鍛治屋窪)で、企画展「子どもたちの日常」が開かれている。館内のギャラリーに、絵本や児童書など約70冊の戦争関連本とともに、その時代を…


  • 記事全文904文字(あと674文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 23 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス