2020年8月2日(日)

鹿嶋市どきどきセンターで特別展 祭事道具、時代ごとに紹介

「祈り」の変遷たどる

【AD】

人々の信仰を鹿嶋市内の出土品や風習から読み解く特別展「祈りの情景」が、同市粟生の市どきどきセンター(原久雄センター長)で始まった。縄文時代から現代までの寺社や儀式で使われた道具を展示し、祈りの手法や意味、時代による変遷を伝える。31…


  • 記事全文572文字(あと342文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス