2020年8月1日(土)

関東甲信、東海で梅雨明け 広がる青空、茨城4地点真夏日

梅雨明けし、強い日差しの中を歩く人たち=1日午後、水戸市南町
梅雨明けし、強い日差しの中を歩く人たち=1日午後、水戸市南町

気象庁は1日、関東甲信地方と東海地方が梅雨明けしたとみられると発表した。いずれも平年より11日、昨年より8日遅い。1951年の統計開始以降、関東甲信で8月に梅雨明けとなるのは、2007年以来13年ぶりで、過去4番目の遅さとなった。

水戸地方気象台によると茨城県内は同日、高気圧に覆われ、青空が広がった。各地の最高気温は大子で32・2度、古河で32度など、全14観測点のうち4地点で30度以上の真夏日となった。水戸市内では強い日差しの中、日傘を差し、マスクをして通りを歩く人たちの姿が見られた。同気象台によると今後1週間は晴れる日が続く見込み。



次の記事:部活から帰宅途中、迷子の男児保護 土浦署、高校生2人に感謝状

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 25 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス