2020年8月5日(水)

茨城、新たに新型コロナ7人感染 水戸・夜の街クラスター2人 累計334人に

【AD】

茨城県と水戸市は4日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計7人確認されたと発表した。水戸市の「夜の街」のクラスター関連では、新たに同市の30代無職女性2人の感染が判明。東海村の80代無職男性は重症で、人工呼吸器を装着している。つくば市の40代パート女性、稲敷市の30代パート女性、土浦市の20代会社員男性、常陸太田市の90代無職男性は、いずれも軽症。県内の累計感染者は334人となった。

水戸市によると、同市の女性2人はともに軽症。クラスターが発生した店の客1人の接触者で、3人で7月下旬、市内で会食したという。2人は客から連絡があり、自宅療養中だった。市はほかに接触者がいないか調べている。

3日に感染が判明した同市の40代自営業男性について、市は肺炎の疑いがあり中等症と明らかにした。

県によると、東海村の男性は3日に38度台の発熱があり、抗原検査で陽性が判明、4日に入院した。県は感染経路を調べている。

つくば市の女性は県内の工場に勤務し、1日まで出勤。私用で県外への移動歴があった。

稲敷市の女性は、3日に感染が報告された同市の30代男性の妻。土浦市の男性は県外への移動歴があった。

また、国土交通省関東地方整備局は4日、常陸河川国道事務所(水戸市)に勤務する40代職員の感染が確認されたと発表した。同事務所職員の感染は2人目。

常総市は、水海道第三保育所職員の感染を受け、職員や園児ら計71人のPCR検査を実施し、全員陰性だったと発表した。

県と市によると、4日までに新型コロナ感染者のうち水戸市の1人を含む6人が退院、同市の1人が自宅療養を終えた。県内の退院・退所などは計232人。

■県内感染確認者
334人(前日比+7人)
うち死者 10人
退院・退所等 232人
(県発表、4日午後10時現在)



次の記事:茨城県立中央病院で院内感染か 新たに県内23人 11月、月間最多793人

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 2 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス