2020年8月6日(木)

水戸の茨城店舗設備、干し芋保管庫販売強化へ 長期保存機能付き、ロス削減狙う

【AD】

干し芋用の設備を製造販売する茨城店舗設備(水戸市住吉町、富沢進吾社長)は、サツマイモの温湿度を管理して長期保存する「キュアリング貯蔵」の機能を持った保管庫の農家向け販売を強化する。キュアリング貯蔵は大型設備への機能導入が多かったが…


  • 記事全文682文字(あと452文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス