2020年8月7日(金)

新型コロナ クラスターか、茨城県と水戸市が3店名公表 県内、新たに12人確認

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県は6日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに12人確認されたと発表した。うちカラオケ店などの利用客では、新たに常陸太田市の60代無職女性と城里町の70代無職男性の感染が判明。県はクラスター(感染者集団)の可能性もあるとして、那珂市のカラオケ店と城里町の居酒屋の店名を公表。水戸市も同日までに従業員と客計4人の感染者が確認された市内の居酒屋の店名を公表した。県内の累計感染者は356人となった。

県が公表したのは、那珂市戸崎のカラオケ店「カラオケはる」と城里町石塚の居酒屋「酒肴みむら」。7月18〜31日の利用客に保健所への連絡を呼び掛けた。

常陸太田市の女性は7月下旬に「カラオケはる」を利用。同店を利用していない夫の70代無職男性も感染した。城里町の男性は7月18日に「酒肴みむら」を利用していた。東海村のカラオケ店を含む3店舗での関連の感染者は計6人。

また水戸市が公表したのは、同市白梅1丁目の「居酒屋ごじゃっぺ」。7月13〜29日の利用客に連絡を呼び掛けた。高橋靖市長は「来店客が把握できない。今後のことも考え、やむを得ず公表した」と話した。

那珂市の10代女子学生は、水戸市が3日に感染を発表した40代男性の店でアルバイトしていた。下妻市の40代無職女性は、4日に感染が報告されたつくば市の40代女性の友人。

ほかに、龍ケ崎市の40代会社員男性▽古河市の20代会社員男性▽五霞町の20代アルバイト男性▽城里町の30代会社員男性▽古河市の50代会社員男性▽つくば市の20代パート女性▽同市の40代自営業女性。

県によると、新型コロナ感染者のうち1人が6日までに自宅療養を終えた。県内の退院・退所などは計233人。

■県内感染確認者
356人(前日比+12人)
うち死者 10人
退院・退所等 233人
(県発表、6日午後10時現在)



次の記事:茨城、最多タイ66人感染 2人死亡 つくばでクラスター

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 30 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス