2020年8月9日(日)

《戦後75年》日立で「平和展」 実物資料、戦災克明に 砲弾破片や焼け野原写真

【AD】

戦後75年の節目の夏を迎え、太平洋戦争末期の空襲や艦砲射撃による日立市の被害の様子を伝える「平和展」(市主催)が同市幸町1丁目の日立シビックセンターで開かれている。戦時下の実物資料と、当時の市民の暮らしや焼け焦げた工場の写真が多数展示…


  • 記事全文875文字(あと645文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 20 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス