2020年8月11日(火)

池で男子中学生死亡 笠間 友人と水遊び中溺れる

笠間市小原の不動谷津池
笠間市小原の不動谷津池

11日午後2時40分ごろ、笠間市小原の不動谷津池で、男子中学生から友人が溺れていると119番通報があった。笠間署によると、溺れたのは同市、中学3年、男子生徒(15)。市消防が池の中を捜索し、同4時ごろ、池に沈んでいる男子生徒を発見し、待機していた医師によりその場で死亡が確認された。

同署によると、男子生徒は同1時半ごろから、友人の中学生数人と釣りをしていた。同2時半ごろから、このうち数人と池に入って遊んでいた。男子生徒らは水着を着用せず、ハーフパンツで入水していたという。

現場は農業用水の確保を目的としたため池。JR常磐線友部駅から北東に約2.5キロの位置にあり、近くには小学校もある。池の岸まで出入りするには、金網フェンスを越える必要があり、フェンスには「危ない。ここでは遊ばない」と書かれた看板が複数設置されているという。

男子生徒が通う笠間市立友部中学校の教員男性は「スポーツのできる真面目な好青年だった」と悔やんだ。男性によると、同校は8日から23日までの夏休みに入っていた。同校をはじめ地元の学校では、不動谷津池に近寄ったり遊泳したりしないよう指導しているといい、同校は今後、改めて生徒に周知する方針。男性は「事故に関係した子どもたちも、とてもショックを受けていた。心のケアに十分に取り組んでいきたい」と話した。



次の記事:「浮気したから500万円払え」女子高生ら4人逮捕

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス