2020年8月13日(木)

熱中症か、取手の女性死亡 茨城県内58人搬送 11地点で猛暑日

写真はイメージ
写真はイメージ

茨城県内は13日、高気圧に覆われて気温が上昇し、最高気温は大子で37.3度となるなど、県内全14観測地点のうち11地点で35度を超える猛暑日となった。龍ケ崎など4地点は今年最高を記録した。熱中症とみられる症状で、畑仕事をしていた取手市の女性(81)が死亡した。

取手市消防本部によると、同日午後4時25分ごろ、「畑で女性が倒れている」と女性の知人男性から通報があった。女性は意識不明の状態で市内の病院に運ばれ、死亡が確認された。

県防災・危機管理課によると、午後9時現在、熱中症とみられる症状で、死亡した女性を含む13〜95歳の男女58人が搬送された。重症は守谷市の男性(56)と取手市の男性(65)の2人だった。

水戸地方気象台によると、大子で37度を超えたほか古河で36.9度、龍ケ崎で36.7度などを観測した。同日午後には気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がり、常陸大宮や日立、水戸では一時的に雨が降り、雷を伴う地域もあった。東京電力によると、常陸太田市の約410軒など一部で停電があった。



次の記事:「浮気したから500万円払え」女子高生ら4人逮捕

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス