2020年8月16日(日)

新型コロナ 茨城、新たに7人感染 累計450人に

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は15日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに7人確認されたと発表した。このうち水戸市の80代無職男性は水戸済生会総合病院(同市)の入院患者で中等症。ほかはいずれも軽症か無症状。県内の累計感染者は450人となった。

男性は7月31日に入院。8月9日のPCR検査で陰性だったが、発熱の症状が出て14日に抗原検査で陽性が判明。これまで感染が確認された患者と同じ病棟の同階に入院していた。同病院は14日午後5時から緊急外来を停止。一般外来の新規患者は受け入れ困難という。

東海村の80代無職男性は、クラスターが発生した那珂市のカラオケ店を利用し8日に陽性と分かった同村70代女性の夫。同日の1度目の検査では陰性と判定されたが、その後、13日に熱中症の疑いで入院した際、病院の抗原検査で感染が分かった。

潮来市の80代無職男性は7月上旬から他県の入所施設にいたが、13日に発熱症状で県内のかかりつけ医を受診、翌14日に陽性と分かった。

つくば市の20代パート女性は、12日に陽性判明した八千代町の30代男性の友人で、8月上旬に会食していた。

水戸市で確認された4人のうち60代会社員男性と、50代会社員女性は、県が7日に感染を発表したひたちなか市の60代会社員男性と、7月下旬に県内で会食していた。80代無職男性は、持病の悪化で市外の緊急外来を受診して判明した。

県によると、新型コロナ感染者のうち新たに4人が15日までに回復。県内の退院・退所などは計332人となった。

■県内感染確認者
450人 (前日比+7人)
うち死者 10人
退院・退所等 332人
(県発表、15日午後10時現在)



次の記事:茨城県立中央病院で院内感染か 新たに県内23人 11月、月間最多793人

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 2 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス