2020年8月19日(水)

新型コロナ 茨城県内、18日に7人感染 1人は院内感染

【AD】

茨城県と水戸市は18日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計7人確認されたと発表した。このうち水戸市の80代無職男性は水戸済生会総合病院(同市)の入院患者で中等症。同病院関連の感染者は7人目。日立市の80代無職女性も中等症で、ほか5人は軽症か無症状。県内の累計感染者は463人となった。

水戸市によると、男性は14日に再検査で陽性が判明した同市内の80代男性と同室だった。7月22日に別の疾患に起因する体調不良で入院。今月9日の1度目のPCR検査では陰性だったが、15日以降、息苦しさなどの症状が出たため再検査して感染が分かった。

同病院によると、男性2人と同室だったもう1人の入院患者についても感染の疑いがあるとして隔離している。3人の病室は院内で最初に感染が確認された入院患者と同じ階だった。

県によると、県内の飲食店で働く千葉県の20代パート女性は、15日に感染判明したつくば市の20代女性が8月上旬に来店した際に接客を担当。保健所の調査に基づき、17日に検査を受け陽性と分かった。

常総市の10代女子生徒は12、13両日に感染が報告された50代夫婦と同居の家族。12日の1度目の検査は陰性で、その後に発熱。17日の2度目の検査で陽性と分かった。夏休み中のため学校関係の接触者はいない。

東海村の80代無職女性は3日に感染判明した80代男性の妻。龍ケ崎市の30代会社員男性は8月上旬に私用で都内を複数回訪れていた。

筑西市の60代自営業男性は、会食相手の都内在住者が後に感染していることが判明、連絡を受けて検査し18日に陽性と分かった。

県によると、新型コロナ感染者のうち新たに8人が18日までに回復。県内の退院・退所などは358人。

■県内感染確認者
463人(前日比+7人)
うち死者 10人
退院・退所等 358人
(県発表、18日午後10時現在)



次の記事:茨城県立中央病院で院内感染か 新たに県内23人 11月、月間最多793人

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 2 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス