2020年8月27日(木)

新型コロナ 茨城で新たに12人感染 保育士や女児 累計524人に

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は26日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計12人確認されたと発表した。このうち、つくば市職員の30代男性は、同市立保育所の保育士。土浦市の未就学女児は、クラスターが発生したつくば市の「Club Rouge(クラブルージュ)」の20代従業員女性(土浦市、18日に感染判明)の濃厚接触者で、症状はない。県内の累計感染者は524人となった。

県によると、保育士の男性は21日が最後の出勤で、23日以降に発熱などの症状があった。つくば市は同保育所を9月5日まで休所する。県は27日に、男性と接触のあった園児と職員計60人のPCR検査を実施予定。

土浦市の60代と80代の女性、80代男性の3人は、22日に感染が分かった同市の50代女性の親族で、4人は8月中旬に県内で会食していた。新たに感染が分かった3人はいずれも肺炎症状や呼吸困難など中等症。

水戸市内の有料老人ホームに入居する80代無職男性も酸素投与が必要な中等症。既に感染が判明していた同施設職員の接触者として、同じ階で働く職員10人と入居者10人をPCR検査したところ、男性1人の感染が分かった。

同市の70代男性(職業非公表)と70代無職女性は同居の家族で、8月中旬、市外で法事などに参加していた。つくば市の50代会社員男性と40代会社員女性は、24日に感染判明した石岡市の60代男性と職場の同僚。

ほかに、守谷市の50代無職男性▽つくばみらい市の30代パート男性。

県と水戸市によると、新型コロナ感染者のうち計10人が26日までに回復。県内の退院・退所などは計424人となった。

■県内感染確認者
524人(前日比+12人)
うち死者 12人
退院・退所等 424人
(県発表、26日午後10時現在)



次の記事:県立こども病院の看護補助者など44人感染 公立校教員や男児も

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 3 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス