2020年8月28日(金)

新型コロナ 茨城で新たに8人 つくば、職場クラスターに発展

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県は27日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに8人確認されたと発表した。石岡市の20〜50代の男女4人は、これまでに社員3人の感染が判明しているつくば市内の建築資材販売会社に勤務。この職場での感染者は計7人となり、クラスター(感染者集団)に発展した。県内の累計感染者は532人となった。

県によると、つくば市の会社で新たに陽性と分かったのは、40代と30代の男性2人、50代と20代の女性2人。これまでに感染が分かった7人全員が同じ部署。

牛久市の30代男性は、つくば市天久保1丁目の繁華街を対象に県が進める集中検査で感染が分かった。男性が同所で経営する飲食店は数カ月前から休業中で、クラスターが発生した「Club Rouge(クラブルージュ)」と接点はないという。県が22日に始めた集中検査で陽性者が確認されたのは初めて。

ひたちなか市の40代無職女性は、8月中旬から下旬に都内の実家に滞在。その後、親が24日に陽性と分かり検査を受けた。日立市の50代会社員男性は肺炎症状があり中等症。ほかに土浦市の40代無職男性。

県と水戸市によると、新型コロナ感染者のうち6人が27日までに回復。県内の退院・退所などは計430人となった。

■県内感染確認者
532人(前日比+8人)
うち死者 12人
退院・退所等 430人
(県発表、27日午後10時現在)



次の記事:茨城、最多タイ66人感染 2人死亡 つくばでクラスター

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 30 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス