2020年9月5日(土)

新型コロナ 茨城県内感染、4日は新たに8人 水戸市、2施設名公表

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は4日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計8人確認されたと発表した。感染者が相次ぐ水戸市内の有料老人ホームと同施設で訪問診療を行っていた診療所関連では、同施設の介護福祉士の40代女性と、同診療所医師の50代男性の陽性が新たに判明。接触者への検査などさらに広く協力が必要になるとして、市は同日、両施設名を公表した。このほか、つくば市の未就学児3人はいずれも陽性が判明した親の濃厚接触者だった。県内の累計感染者は567人となった。

水戸市が施設名を公表したのは、「ローズヴィラ水戸」(同市堀町)と、在宅医療を行う「いばらき診療所みと」(同市五軒町)。両施設に関連する感染者は計9人となった。

ローズヴィラ水戸では、介護福祉士の先に同僚2人と入居者1人の感染が判明していた。医師は、同診療所で先に感染が判明していた30代事務職員男性と組んで訪問診療することがあった。2人は3度目のPCR検査で陽性が確認された。

県によると、つくば市の未就学児3人のうち、女児1人は、8月28日に陽性が判明した同市の30代男性の子。別の女児と男児のきょうだいは、今月2日に陽性が判明した同市の30代夫婦の子。3人とも症状がないか軽症。

土浦市の20代男子学生は、8月末に首都圏から引っ越してきた。古河市の70代無職女性は、同28日に陽性が判明した同市の70代無職男性の知人で、同月下旬に会っていた。

水戸市の50代会社員女性は、感染経路につながる行動歴はないという。

新型コロナ感染者のうち新たに9人が4日までに回復。県内の退院・退所などは計480人となった。

■県内感染確認者
567人 (前日比+8人)
うち死者 14人
退院・退所等 480人
(県発表、4日午後10時現在)



次の記事:茨城県立中央病院で院内感染か 新たに県内23人 11月、月間最多793人

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 2 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス