2020年9月16日(水)

龍ケ崎市 オークションで消防車両など売却

龍ケ崎市が官公庁オークションに出品し、156万円で落札された消防指揮車(同市提供)
龍ケ崎市が官公庁オークションに出品し、156万円で落札された消防指揮車(同市提供)

龍ケ崎市は、IT大手ヤフーが提供するインターネット競売サービス「官公庁オークション」に出品した消防車両・装備9点について、計327万円で落札されたと明らかにした。いずれも設備更新に伴い不要となっており、歳入確保の一環で売却した。

市が出品したのは、消防指揮車1台、消防車4台、小型ポンプ4台。いずれも市や市消防団で使われており、県外の8法人1個人が落札した。このうち、消防指揮車(トヨタ「ランドクルーザー」、走行距離2万9241キロ)は、予定価格80万円のところ156万円の値が付いたという。

官公庁オークションに関してヤフーは、来年3月で終了する方針を決め、現在とは異なる形でのサービス提供を検討している。市では2026年まで、年に数台程度、消防車両を更新していく予定。だが、現状で具体的な対応策は未定といい、担当者は「ヤフーの動向を見極めつつ、別の競売方法も考えたい」と説明した。



次の記事:飲酒中に口論...男性、腹を刺され死亡 43歳妻逮捕

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 20 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス