2020年9月23日(水)

水戸八景巡るグルメライド 水戸商議所 21年2月

水戸八景の一つ「青柳夜雨」。右の柳の木の下に斉昭の石碑がある=水戸市青柳
水戸八景の一つ「青柳夜雨」。右の柳の木の下に斉昭の石碑がある=水戸市青柳

水戸商工会議所は、自転車で「水戸八景」を巡るサイクリングイベントを企画している。「水戸八景グルメライド」と銘打ち、エイドステーション(休憩所)でご当地グルメを味わいながら約90キロの行程を走る。来年2月の開催を視野に、内容を検討している。

同商議所産業振興課によると、秋の開催を検討していたが、7月下旬からの新型コロナウイルスの感染拡大を受け、来年2月末ごろにずらした。定員は100人前後。参加料は3300円の予定。参加希望に県外枠を設けるなどして観光客誘致を図る。観光客向けに、自転車持ち込みの宿泊と参加料を合わせた宿泊パッケージを用意する。

水戸八景は、水戸藩第9代藩主徳川斉昭が定めた県内8カ所の景勝地。八景巡りは、青柳夜雨(水戸市)▽山寺晩鐘(常陸太田市)▽太田落雁(同)▽村松晴嵐(東海村)▽水門帰帆(ひたちなか市)▽巌船夕照(大洗町)▽広浦秋月(茨城町)▽僊湖暮雪(水戸市)-の順とされる。

同商議所は、休憩所で提供する軽食について、あんこう汁や常陸秋そばなどを検討中。10月に試走を行って、ルートを確認する。

水戸八景を巡るサイクリングイベントは、2016年にも水戸観光協会(現・水戸観光コンベンション協会)が開催したことがある。



次の記事:常陸太田で親子切られ父死亡 容疑の従業員逮捕

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 30 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス