2020年9月25日(金)

イノシシと相次ぎ衝突、区間運休や遅れ JR水戸線と水郡線 乗客350人に影響

JR水戸線の車両(資料写真)
JR水戸線の車両(資料写真)

25日午後7時19分ごろ、笠間市福原のJR水戸線福原-羽黒間で、高萩発小山行き上り普通列車(5両編成)が走行中にイノシシ1頭と衝突した。

JR水戸支社によると、列車は現場付近に停車。乗務員が安全確認した後、22分遅れの午後7時41分に運転再開した。乗客約70人にけがはなかった。

同線は上下列車2本が友部-水戸間を区間運休し、乗客約300人に影響した。

さらに、10分後の同日午後7時29分ごろ、常陸大宮市山方のJR水郡線中舟生-山方宿間で、袋田発水戸行き上り普通列車(4両編成)が走行中にイノシシ1頭と衝突、停車した。

同支社によると、乗務員が車両や線路設備などに異常がないことを確認し、33分遅れの午後8時2分に運転再開した。乗客5人にけがはなかった。

同線はこの列車を含む上下2本が遅れ、乗客約50人に影響した。



次の記事:茨城県立中央病院で院内感染か 新たに県内23人 11月、月間最多793人

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 2 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス