選択的夫婦別姓 「制度認めてほしい」 茨城県内当事者から期待の声

【AD】
選択的夫婦別姓の法制化を求める意見書の可決が相次ぐ中、夫婦別姓や職場での通称(旧姓)使用で生活する当事者からは期待の声が上がっている。

請願を各議会に提出している牛久市の団体職員、小泉祐里さん(51)は、夫の団体役員、田中浩さん(61)…
この記事は有料です

記事全文573文字(あと343文字)

今すぐ読む

1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)。

Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。

紙で読む

この記事は「茨城新聞 2020年9月29日(火)付 社会(27面)」です。

月額3,300円(1日当たり110円)でご購読いただけます。一部130円で県内のコンビニでもお買い求め頂けます。

郵送をご希望の方は販売局までお電話ください。
販売局:029-239-3030

購読を申し込む
有料版で読む

月額3,500円で電子版・紙面をお読みいただけます。

電子版

月額330円でニュースプラットフォーム「NEWSmart」にて、茨城新聞の記事をお読みいただけます。3大キャリアをご契約中のお客様であれば簡単に購読が可能です。

NEWSmart

お振り込みをご希望の場合は、1,980円/6ヶ月で承っております。

振込課金版
データベース

月額11,000円で茨城新聞の全ての記事をご覧いただけます(過去記事はPDFでの閲覧)。

詳細はこちら

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース