2020年9月29日(火)

茨城新聞電子版 スマホで読む紙面

【AD】

茨城新聞社は10月1日に有料の公式ニュースアプリ「茨城新聞電子版」をリリースします。タブレットまたはスマートフォンで本紙朝刊を紙面イメージそのまま読めるのが特徴です。ニュースはテキスト形式で閲読可能。カテゴリーや地域でも分類し、重要ニュースは速報でお届けします。アプリ独自のコンテンツも順次公開予定です。

紙面イメージは、休刊日を除き毎日午前5時に更新予定で、直近約3日分を掲載。紙と同じ感覚でページをめくりながら読め、拡大縮小も自由自在です。県内おくやみ欄も収録します。

県内ニュースは、「主要」をはじめ「政治行政」「経済」「事件・事故」「スポーツ」「コラム」などのタブでカテゴリー分けし、重要ニュースは速報としてリアルタイムで反映します。「県央」「県北」「鹿行」「県南」「県西」の地域別でも整理され、地域の話題を効率良く収集できます。通信社配信の主要全国ニュースも随時更新。このほか、「特集」を設け、紙面では紹介していないコンテンツも配信していきます。第1弾として「写真で見る茨城」(仮)を配信予定。お気に入り記事を保存できるクリッピング機能もあります。

アプリはAndroid端末に対応。iPad、iPhoneにも対応予定。価格は月額3500円(税込み)で、初月無料(申し込み月の退会不可)。利用者負担で別途通信費がかかります。支払いはアプリ内課金またはクレジットカード、「Amazon Pay」の各決済に対応しています。お問い合わせは、編集局デジタル編集室(電)029(239)3028

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 26 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス