2020年10月26日(月)

26日ドラフト会議 茨城県勢、好投手指名に注目 法大・鈴木、最速152キロ左腕

鈴木昭汰(法大)
鈴木昭汰(法大)

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。

茨城県関係では、法大の鈴木昭汰投手(22)=常総学院高出身=ら好投手の指名に注目が集まる。

鈴木は最速152キロの速球と鋭く曲がるスライダーが持ち味で、マウンド度胸も抜群だ。高校時代は春夏の甲子園での8強入りに貢献した。法大では、めきめきと力を付け、今秋のリーグ戦は32回を投げ、防御率0.84と好投を続けている。即戦力左腕の呼び声が高く、12球団から調査書が届いている。特に西武の評価が高く、DeNA、日本ハム、ロッテも上位にリストアップしている模様だ。

このほか、筑波大の奈良木陸投手(22)=広島・府中高出身=は昨秋まで目立った成績を残していなかったが、今年に入って力強い直球が評判となった。日本ハムなどが興味を示している。

社会人では、日立製作所の青野善行投手(23)=市船橋高-国際武道大出身=にも調査書が届いている。大きなカーブとフォークなど多彩な変化球を操り先発を求める球団には魅力的な存在だ。

高校生は夏季大会で144キロをマークした佐和の黒田晃大投手(18)らが指名を待つ。



次の記事:新型コロナ 茨城、50人感染 34人回復

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 28 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス