2020年10月27日(火)

「鬼滅の刃」海賊版DVD販売 著作権法違反の疑いで40歳男逮捕 筑西署 600枚押収

茨城県警が押収した「鬼滅の刃」の海賊版DVD=筑西市直井の筑西署
茨城県警が押収した「鬼滅の刃」の海賊版DVD=筑西市直井の筑西署

人気テレビアニメ「鬼滅の刃」の海賊版DVDを無断で販売したとして、筑西署と茨城県警生活環境課、サイバー犯罪対策課は27日、著作権法違反の疑いで、福岡県那珂川市、会社員、男(40)を逮捕した。県警は男が海外から輸入したDVD約600枚を押収。昨年5月から今年4月までの間、口座にDVDの売上金とみられる約1150万円の入金があったことを確認しており、余罪を追及する。

サイバー犯罪対策課によると、男はDVDを販売したことは認めているものの、海賊版の輸入については「マレーシアの正規品だと思っていた」として容疑を一部否認している。

逮捕容疑は3月ごろ、インターネットの大手通販サイトを利用し、県内の女性2人に「鬼滅の刃」のDVD3枚組を税込み9700円でそれぞれ販売し、アニメ配給会社「アニプレックス」(東京)の著作権を侵害した疑い。

同課によると、男はマレーシアから航空便でDVDを輸入。DVDにはテレビ放映された全話が収録されていた。「海外版、CMない」などとサイトで売り込んでいたという。当時、正規品は未発売だった。

大阪税関は9月下旬、男がマレーシアから輸入した海賊版とみられるDVD約600枚を差し押さえ、県警が押収した。

「鬼滅の刃」は週刊少年ジャンプで連載された吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)さんの漫画が原作で、大正時代を舞台に、家族を鬼に殺された少年が鬼になった妹を人間に戻すため、仲間と共に鬼と闘う物語。19年のテレビアニメ化で人気に火が付き、今月16日に封切りされたアニメ映画版は空前の大ヒットを飛ばしている。

押収された「鬼滅の刃」違法DVD(左)と正規品=筑西市直井の筑西警察署
押収された「鬼滅の刃」違法DVD(左)と正規品=筑西市直井の筑西警察署


次の記事:茨城県内の観光客41%減 コロナ響く

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 24 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス