2020年10月28日(水)

常陸太田、親子殺傷 容疑者の父困惑「何かよほどのことが」

移送のため太田署を出る関根幸司容疑者=27日午後7時15分ごろ、同署
移送のため太田署を出る関根幸司容疑者=27日午後7時15分ごろ、同署

常陸太田市町屋町、無職、根本☆(日の下に舛)さん(89)方で27日朝、☆(日の下に舛)さんと次男のオフィス機器販売会社社長、邦雄さん(59)=同市上河合町=が切り付けられ、☆(日の下に舛)さんが死亡、邦雄さんが負傷した事件。太田署に自首した関根幸司容疑者(48)が住む日立市内の自宅周辺は静かな住宅街で、父親は「乱暴するような子ではない。事情は分からないが、何かよっぽどのことがあったのだろう」と言葉少なに語った。

父親によると、関根容疑者は朝6時ごろに家を出て、深夜0時ごろに帰宅することが珍しくなかった。休日は家族で食事に出掛けるなどし、悩み事を抱えている様子はうかがえなかったという。父親は「家では(悩みを)一切、話したことはない」といい、「こんな大それたことになるとは…」と目を伏せた。

関根容疑者について近所の男性は「おとなしいし、腰が低い人。カッとなるような人じゃない」と絶句していた。27日朝も、いつもと同じように車で出勤する姿を見掛けたという。家族仲も良かったといい、男性は「あんなに良い家族はない。テレビのサザエさん一家のようだった。この辺で悪く言う人なんて誰もいない」と言葉を絞り出した。



次の記事:茨城で新たに37人感染 中等症が3人

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 4 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス