2020年10月28日(水)

常陸太田で親子切られ父死亡 容疑の従業員逮捕

親子2人が切り付けられ父親が死亡した事件のあった現場の住宅=常陸太田市町屋町
親子2人が切り付けられ父親が死亡した事件のあった現場の住宅=常陸太田市町屋町

27日午前7時54分ごろ、常陸太田市町屋町、無職、根本☆(日の下に舛)さん(89)方の近隣住民から「2人が男に切り付けられた」と119番通報があった。消防から連絡を受けた太田署員が、居室内で血を流して倒れている根本さんを見つけ、その場で死亡を確認した。根本さんの次男でオフィス機器販売会社社長、根本邦雄さん(59)=同市上河合町=も背中などを切り付けられ重傷を負った。同署は邦雄さんに対する殺人未遂の疑いで、事件直後に自首した男を逮捕した。

逮捕されたのは日立市大みか町1丁目、会社員、関根幸司容疑者(48)。同署によると、関根容疑者は邦雄さんの経営する会社の従業員。「レンチで殴り、包丁で刺したことは間違いない」と容疑を認めている。同8時14分ごろ、「人を殺しました」などと同署に1人で自首した。邦雄さんの命に別条はない。

県警によると、関根容疑者は☆(日の下に舛)さんを先に襲い、レンチで頭部を殴った後、胸など上半身の複数箇所を文化包丁で刺して殺害したとみられる。☆(日の下に舛)さん方を訪れた邦雄さんもその後襲われ、近隣住民に助けを求めた。☆(日の下に舛)さんは1人暮らしだった。

関根容疑者は☆(日の下に舛)さんに対する犯行も認め、「2人に対して殺意があった」と供述しているという。県警は、☆(日の下に舛)さんへの殺人容疑も立件する方針。

逮捕容疑は同7時40分ごろ、☆(日の下に舛)さん方で、殺意を持って邦雄さんの頭部を金属製の万能レンチで殴り、文化包丁で背中や肩などを切り付け、頭部挫創や背部切創などの重傷を負わせた疑い。

凶器のレンチや包丁は現場に残されていた。捜査関係者によると、事件当時、☆(日の下に舛)さん方の玄関は無施錠で、他の戸から侵入された形跡がなかったことから、関根容疑者が玄関から侵入し犯行に及んだとみている。

現場は市中心部にある市役所から約8キロ北に位置する山あいの農村地帯。



次の記事:茨城で新たに37人感染 中等症が3人

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 4 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス