2020年11月1日(日)

赤ちゃんキリン公開 日立かみね動物園 入園者「かわいいね」

一般公開された赤ちゃんキリンの「クルミ」と両親キリン=日立市宮田町
一般公開された赤ちゃんキリンの「クルミ」と両親キリン=日立市宮田町

日立市宮田町5丁目の市かみね動物園で9月に誕生したキリンの赤ちゃんが31日、一般公開された。「クルミ」と名付けられた赤ちゃんキリンは生後約1カ月ながら、しっかりした足取りでグラウンドを歩き回り、詰め掛けた親子連れは「かわいいねー」などと声を掛け合った。

メスの赤ちゃんキリンは9月30日午後0時19分ごろに生まれた。父親「シゲル」と母親「キリナ」との間にできた3番目の子どもになる。同園によると、誕生時の体長は約180センチ、体重は約60キロだった。同日が「クルミの日」だったことにちなんで命名された。

産み落とされた2、3時間後には自力で立ち上がった。母乳を飲んで順調に成長し、現在の体長は約200センチ。大人になるまでには4〜5年かかるという。

クルミは午前9時半ごろ、獣舎からメイングラウンドに登場。座って日なたぼっこしたり、小走りしたりしたほか、両親に寄り添う姿も見られた。来園者からは「キリンの赤ちゃんだ、まだ小さいね」などの歓声が上がった。

この日はハロウィーンで、仮装した小学生以下は入り口で合言葉「トリック・オア・トリート」を唱えると、入園料が無料になった。3日まで市郷土博物館との共同企画「ズーハク」も実施中。両施設でクイズラリーが行われている。



次の記事:茨城で15人感染 90代女性死亡

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 6 月 17 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス