2020年11月6日(金)

笠間彩る1万鉢 菊まつり

工夫が施された展示で人気を集めるかさま歴史交流館広場=笠間市笠間
工夫が施された展示で人気を集めるかさま歴史交流館広場=笠間市笠間

笠間市の笠間稲荷神社をメイン会場に開かれている「第113回笠間の菊まつり」(同まつり連絡協議会主催)が見頃を迎えている。新型コロナウイルス感染症予防のため、恒例の菊人形展は中止になったが、今年も黄色やピンク、紫色など約1万鉢の菊花が街を華やかに彩り、観光客に癒やしを届けている。

神社境内には、大菊、懸崖、千輪咲きなど丹精込めて育てられた菊花約5千鉢が並ぶ。七五三参りの家族連れらがスマートフォンやカメラで撮影するなど、秋の一日を楽しむ光景が見られている。

このほか、かさま歴史交流館広場や門前通りの常夜灯周辺などでも工夫を凝らした展示がされ、人気スポットになっている。23日まで。

神社参道入り口で観光客を迎える傘の空中展示=笠間市笠間
神社参道入り口で観光客を迎える傘の空中展示=笠間市笠間


次の記事:境一家殺傷事件 夫妻殺害容疑で埼玉県の26歳男を逮捕

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 10 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス