2020年11月9日(月)

ガス、電気の点検 不審な訪問、要警戒 窃盗被害、強盗の恐れも 茨城県警「家入れず110番を」

家庭用分電盤の点検をする関東電気保安協会の調査員。胸に顔写真入りのネームプレートが付き、肩やヘルメットには協会の名前とロゴが入っている。点検は基本1人で行い、訪問前に内容を書類で通知している
家庭用分電盤の点検をする関東電気保安協会の調査員。胸に顔写真入りのネームプレートが付き、肩やヘルメットには協会の名前とロゴが入っている。点検は基本1人で行い、訪問前に内容を書類で通知している

茨城県内で10月中旬以降、ガスや電気の点検をかたる不審な訪問が相次いでいる。9月下旬に石岡市で、11月には坂東市で、電気点検業者をかたって家に侵入した2人組の男に現金や通帳が盗まれる窃盗事件が発生した。全国では点検を装った犯人による強盗も発生している。県警は「怪しいと感じたら家に入れずに110番を」と注意を促している。

■点検の隙に
9月28日、石岡市内の80代男性宅から現金数十万円の入った約20キロの金庫が盗まれた。石岡署によると、犯人は電気点検業者を装った若い男2人組で、上下白い作業服を着用していた。1人が「室内の電気を確認させてほしい」などと言って2階での点検に男性を立ち会わせ、その間、1階にいたもう1人が金庫を盗んだとみられる。

県警によると、県内では点検を理由にした不審な訪問が、10月中旬から下旬だけで少なくとも9件のあった。

つくばみらい市内では10月8日と10日にガス会社を名乗る男2人組が来訪。不審に思った住民がガス会社に確認したところ、従業員ではなかった。龍ケ崎市内では19日、男が電圧の点検と称して「ブレーカーを見せてください」などと言い、家の中を見て回る複数の不審な訪問があった。

古河市内では20日、ガスの点検業者と自称する男が住民に現金を請求。神栖市内では20日、電気工事業者を装う2人組の男が「メーターを確認させてほしい」などと家に上がろうとしたが、住民の男性が「息子を立ち会わせる」と言うと立ち去った。

■訪問、基本は1人
都内では9月、ガスの点検業者などをかたった強盗が約10件連続で発生。神奈川や千葉でも同様の事件があった。犯人は点検業者を装って被害者宅を訪問。粘着テープで縛って脅迫し、現金やキャッシュカードを奪って逃げている。

関東電気保安協会は「点検は基本1人で行う」としている。同協会によると、顧客からの要請は有料になるものの、定期点検で現金を直接請求することはない。点検の際は事前に作業番号や内容を記した紙を直接配布している。

県高圧ガス保安協会も、一般家庭に点検業者が2人で行くことは「まずない」(担当者)。点検の際に点検料を請求することもないという。点検前には日時や担当者を記した連絡票を配布している。

■在宅時も施錠を
県警は、在宅時でも鍵を掛けることや、心当たりのない突然の訪問は家に上げずに110番するよう注意喚起する。「自宅に伺う」といった予兆電話は、契約しているガス会社や電気会社に事実を確認し、連絡先が分からなければ警察署に相談するよう呼び掛ける。

県消費生活センターによると、工事や建築、修理サービスの訪問販売に関する相談は、2018年に85件、19年に71件、20年は10月中旬までに55件が寄せられた。10月前後の台風シーズンに例年増加する傾向がある。訪問販売などによる契約トラブルがあった場合、クーリングオフの活用や同センターへの相談を促している。



次の記事:部活から帰宅途中、迷子の男児保護 土浦署、高校生2人に感謝状

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 25 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス