2020年11月20日(金)

キャンプや野菜販売 21日から、水戸 ボルダリング体験も

千波湖周辺でキャンプを楽しむ家族連れ=水戸市千波町(資料写真)
千波湖周辺でキャンプを楽しむ家族連れ=水戸市千波町(資料写真)

市街地周辺の自然環境を利用して屋外活動を楽しむイベント「アーバン・アウトドア・キャンプ&マルシェ2020」が21〜23日、水戸市千波町の千波公園ふれあい広場・さくら広場で開かれる。ワークショップや体験型アクティビティのほか、飲食・物販のマルシェが楽しめる。実行委員会と水戸観光コンベンション協会主催。

会場をマルシェとキャンプサイトの二つに分け、誰でも入場できる「マルシェエリア」は午前10時〜午後4時(一部飲食ブース同7時)。提灯(ちょうちん)作りや畳作りなどの体験プログラム▽ボルダリングやノルディックウオーキングなどのアクティビティ▽アウトドア専門家によるテント設営講習▽市内人気店による飲食ブース▽地元野菜販売-などを実施する。

「キャンプサイトエリア」は、110サイト(9×9メートル)あるが事前予約制で残りわずか。専用サイトから申し込む。



次の記事:89人感染、2人死亡 つくばの病院、クラスターの可能性

全国・世界のニュース

2021 年
 1 月 18 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス