2020年11月21日(土)

北関東ダービー闘志 J2水戸、敵地栃木戦 「雪辱誓う」

水戸の先発予想
水戸の先発予想

明治安田J2第35節第1日は21日、各地で10試合が行われ、12位水戸は栃木グリーンスタジアムで11位栃木と対戦する。キックオフは午後6時。水戸の今季通算成績は12勝9分け13敗、勝ち点45。前回対戦で敗れた雪辱を果たしたい。

北関東ダービーとなる栃木戦に向け、水戸は今週、練習を全て非公開とした。秋葉監督は「より集中力を研ぎ澄ましている」と説明。クラブハウスの廊下には、サポーターからのメッセージを集めたポスターを掲出し、クラブ全体で特別な一戦を意識づけている。

栃木との前回対戦について、中山仁主将は「今季一番悔しい負け方」と振り返った。後半、一方的に攻められて試合終了間際に逆転を許した。

栃木の戦術は一貫している。ロングボールで相手を押し込み、そこを起点に圧力をかけ続けてくる。水戸はそのプレスをかいくぐりたい。攻撃では、後方からの組み立てが機能すれば優位を維持できるだろう。そのために両SBが鍵を握る。前節、右を起点に2得点を演出した前嶋は「サポーターと共に勝ちたい」と誓った。

敵地のビジター席は既に完売した。中山主将は「やり返さないといけない」と闘志を燃やし、指揮官は「内容より結果。泥臭く勝ちを拾うことに全精力を注ぎたい」と強調した。

栃木戦に向け調整するJ2水戸の中山(左)ら=アツマーレ(クラブ提供)
栃木戦に向け調整するJ2水戸の中山(左)ら=アツマーレ(クラブ提供)


次の記事:新型コロナ 茨城、50人感染 34人回復

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 28 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス