2020年11月22日(日)

《明治安田J2》第35節 水戸、栃木に3-1快勝 今季2度目の連勝

【AD】

明治安田J2第35節第1日(21日・栃木県グリーンスタジアムほか=10試合)水戸は栃木を3-1で下し、今季2度目の連勝を飾った。水戸の今季通算成績は13勝9分け13敗、勝ち点48で、順位は暫定9位に浮上した。

水戸は前半3分、幸先良く奥田が先制ゴールを決めた。同24分に同点に追い付かれたが、後半33分に山口が逆転弾を決め、40分には前嶋が3点目を決め、突き放した。

■水戸・秋葉監督

止まっていた時間がようやく動きだした。サポーターの熱量やパワーが思いとなって、選手の好パフォーマンスにつながった。この一体感を持ってホームで連勝を伸ばしたい。

■水戸・細川

サイドバックは4、5年ぶり。勝つために自分が、できることをしっかりやろうと試合に入った。プレーは悪いところばかりだったが、勝ったことが全て。この試合に懸ける気持ちは全員が同じだった。

▽栃木(観衆2,861人)
栃木 12勝13敗10分け(46) 1-3 水戸 13勝13敗9分け(48)
1-1
0-2



次の記事:新型コロナ 茨城、50人感染 34人回復

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 28 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス