2020年12月2日(水)

ボードゲームで交流 稲敷 幅広い年代の市民が参加

【AD】

子どもからお年寄り、障害がある人も参加できるボードゲームカフェが、稲敷市曲渕の「みんなの学校いなしき」で開かれ、市民約10人が参加した。多様な背景や悩みを持つ人の居場所をつくろうと、NPO法人SMSC(根本敏宏代表)が10月から始めて2回目。


  • 記事全文521文字(あと291文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版
  • 茨城新聞電子版

全国・世界のニュース

2021 年
 1 月 21 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス