2020年12月3日(木)

【速報】21歳男性、頭や手を切られる 竜ケ崎署 不法残留容疑で男逮捕、関係を捜査

3日午後2時45分ごろ、龍ケ崎市内の病院から「出血した男の人が来た」と110番通報があった。男性は自称ベトナム国籍、男性(21)で、知り合いの外国人とみられる男に刃物のようなもので切り付けられたと説明し、頭や左手に切り傷を負っていた。竜ケ崎署は殺人未遂事件として捜査し、同日、入管難民法違反(不法残留)の疑いで、同国籍で龍ケ崎市愛戸町、アルバイト店員、男(20)を現行犯逮捕。同容疑者が殺人未遂事件に関係した可能性を視野に調べている。

同署によると、男性は同市愛戸町で男と口論になって切り付けられ、知人が病院に送ったという。来院時、意識はあった。

現場は、龍ケ崎郵便局や流通経済大近くの住宅街付近。市と同署は事件を認知後、防災無線などを通し住民に外出を控えるよう注意を促した。



次の記事:茨城106人感染 高校バスケ関連13人増

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 1 月 18 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス