2020年12月5日(土)

ひたちなか海浜鉄道 初日の出・初詣列車を運行 福袋先着300人、観光案内も

ひたちなか海浜鉄道湊線=ひたちなか市釈迦町
ひたちなか海浜鉄道湊線=ひたちなか市釈迦町

ひたちなか海浜鉄道(ひたちなか市、吉田千秋社長)は、湊線で来年1月1日に「初日の出・初詣列車」を運行する。福袋を配布するほか、阿字ケ浦、那珂湊両駅付近の観光スポットなどを案内する。

沿線住民でつくる市民団体「おらが湊鐵道応援団」共催。「急行あじがうら号」は勝田駅午前5時半発、阿字ケ浦駅同57分着で、同応援団が同駅から堀出神社や酒列磯前神社、磯崎灯台下を案内する。「快速なかみなと号」は勝田駅午前6時5分発、那珂湊駅同19分着で、同応援団が同駅から湊公園や天満宮、橿原神宮を案内する。

福袋は先着300人で、携帯カイロや干し芋、ホテルニュー白亜紀(同)の無料入湯券などがある。

今回の列車運行に伴い、三が日のうち1日有効の「正月用湊線1日フリーきっぷ」を大人600円、小学生300円で販売。那珂湊、勝田両駅の湊線ホーム改札で1日から販売開始し、7〜25日にひたちなか商工会議所でも売り出す。



次の記事:89人感染、2人死亡 つくばの病院、クラスターの可能性

全国・世界のニュース

2021 年
 1 月 18 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス