2020年12月5日(土)

水戸で初雪 平年より15日早く

【AD】

水戸地方気象台は5日、水戸で初雪を観測したと発表した。積雪はなかったものの、平年よりも15日早く、昨年より1日早い観測となった。関東地方での観測は今季初めて。県内は低気圧や湿った空気の影響で、冷たい空気が流れ込み、各地で朝から雨が降った。初雪を観測したのは午前5時40分。

同気象台によると、水戸の同日の最低気温は2・2度と平年並みだったが、最高気温は平年より5・9度低い6・9度を観測し、最も寒い時期を下回った。



次の記事:境一家殺傷事件 夫妻殺害容疑で埼玉県の26歳男を逮捕

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 10 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス