2021年1月3日(日)

《全国高校サッカー》鹿島学園、決定力欠く 山梨学院に0-1

【AD】

サッカーの第99回全国高校選手権第2日は2日、さいたま市のNACK5スタジアム大宮などで2回戦16試合が行われ、茨城県代表の鹿島学園は0-1で山梨学院に敗れ、3回戦進出はならなかった。

前回準優勝の青森山田は松木らのゴールで広島皆実に2-0で快勝した。藤枝明誠(静岡)は2点を先行されながら3-2で新田(愛媛)に逆転勝ちし、3回戦へ進んだ。

過去5度の優勝を誇る市船橋(千葉)は那覇西(沖縄)に1-0で勝利。前回8強の昌平(埼玉)は京都橘を2-0で下し、東福岡は作陽(岡山)に2-1で競り勝った。矢板中央(栃木)帝京長岡(新潟)神戸弘陵(兵庫)創成館(長崎)なども勝ち上がった。

3日は3回戦8試合が行われる。

■堅守に阻まれる

【評】鹿島学園は相手の堅守にゴールを阻まれ、再三のチャンスをものにできなかった。

鹿島学園は後半13分、ゴール前でこぼれ球を押し込まれ、先制点を許した。その後、FWエゼトベチクを中心に果敢にゴールに迫り、後半だけで9本のシュートを放ったが、最後までゴールネットを揺らせなかった。

■鹿島学園・鈴木雅人監督(45) 決め切れなかった

うまくボールを保持し、さまざまな形でチャンスを見いだしたが、決め切れなかった。失点から追い掛ける展開となり残念だった。

▽2回戦=40分ハーフ
山梨学院 1-0 鹿島学園
0-0
1-0



次の記事:茨城106人感染 高校バスケ関連13人増

全国・世界のニュース

2021 年
 1 月 18 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス