2021年1月5日(火)

鹿島神宮、人まばら 三が日 参拝者79%減

例年に比べ参拝客が大幅に減った鹿島神宮=1日午前11時ごろ、鹿嶋市宮中
例年に比べ参拝客が大幅に減った鹿島神宮=1日午前11時ごろ、鹿嶋市宮中

新型コロナウイルス拡大の中で新年を迎え、三が日に例年約70万人の参拝者が訪れる鹿島神宮(鹿嶋市宮中、鹿島則良宮司)は、今年の三が日の人出が約14万5000人にとどまり、約79%減少した。4日、同神宮への取材で分かった。

コロナ対策で同神宮は、節分までの分散参拝や代理参拝での祈祷(きとう)を受け付け、「新しい生活様式」に応じた参拝方法を呼び掛けている。同神宮によると、郵送による祈祷が例年より増加したという。

昨年1月1日の境内の様子
昨年1月1日の境内の様子


次の記事:18人感染 つくばの病院クラスター拡大 70〜90代の4人死亡

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 3 月 4 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス