2021年1月7日(木)

《全国高校バレーボール》女子・日立二、男子・土浦日大ともに敗退

【AD】

バレーボールの第73回全日本高校選手権第2日は6日、東京体育館で男女の2回戦が行われ、茨城県女子代表の日立二は前回準優勝の古川学園(宮城)に1-2で惜敗した。男子代表の土浦日大は前回4強の松本国際(長野)にストレート負けとなった。

日立二はフルセットに持ち込んだが、最終セットは中盤以降にミスが出て突き放された。土浦日大は第1セットでジュースの接戦となったが、あと1点を決めきれずに落とした。第2セットは相手のクイック攻撃に対応できなかった。

このほか、男子は前回優勝の東山(京都)が東海大相模(神奈川)を、同準優勝の駿台学園(東京)が崇徳(広島)をともに2-0で退けた。

女子は2連覇が懸かる東九州龍谷(大分)が富山第一にストレート勝ち。2019年の全国高校総体を制した就実(岡山)は文京学院大女(東京)を2-0で破った。

▽女子2回戦
古川学園(宮城) 2-1 日立二
25-17
22-25
25-15

▽男子2回戦
松本国際(長野) 2-0 土浦日大
28-26
25-20



次の記事:茨城106人感染 高校バスケ関連13人増

全国・世界のニュース

2021 年
 1 月 18 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス