2021年1月11日(月)

厳冬、氷壁広がる 大子・袋田の滝、9割凍結

厳しい冷え込みにより9割ほど凍結した袋田の滝=10日午前9時10分ごろ、大子町袋田
厳しい冷え込みにより9割ほど凍結した袋田の滝=10日午前9時10分ごろ、大子町袋田

茨城県内各地でこの冬一番の寒さとなった10日、氷点下10度近い冷え込みに見舞われた大子町で、日本三名瀑の一つ、袋田の滝(同町袋田)の凍結が9割に達し、高さ120メートル、幅73メートルの白く巨大な氷壁が広がった。

袋田観瀑施設管理事務所によると、凍結は先月下旬から始まり、年末に一度解けたものの、9、10日の厳しい冷え込みで再び凍結が進んだ。凍結が9割となるのは2年ぶり。

同事務所は「水量の少なさと低温のため凍結が進んだ。寒さが続く11日までは同程度の凍結だと思う」と説明。完全凍結すれば2012年以来となるが、「12日以降は気温が上昇するため難しいかもしれない」との見通しを示した。

10日の県内は常陸大宮で氷点下9・3度、笠間で同8度など、5観測地点で今季一番の寒さとなり、大子では今季2番目に低い同9・4度を記録した。



次の記事:茨城106人感染 高校バスケ関連13人増

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 1 月 18 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス