2021年1月18日(月)

茨城県産サツマイモ、需要増で不足傾向 価格上昇、生産フル稼働

【AD】

焼き芋や干し芋の需要増に伴い、原料となるサツマイモが不足傾向にある。九州地方で発生した「基腐病(もとぐされびょう)」による主産地の減収も響き、全国2位の生産を誇る茨城県でも単価が5年前に比べ4割上昇している。県は生産の拡大を進めるもの…


  • 記事全文1190文字(あと960文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版
  • 茨城新聞電子版

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 3 月 4 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス