2021年2月4日(木)

史上最速、関東で「春一番」 千波湖、裾なびかせ散策

強風で波立つ千波湖のほとりを、上着をなびかせながら歩く女性たち=4日午後、水戸市千波町
強風で波立つ千波湖のほとりを、上着をなびかせながら歩く女性たち=4日午後、水戸市千波町

気象庁は4日、関東で春一番が吹いたと発表した。統計を開始した1951年以降最も早く、昨年(2月22日)より18日早い。日本海の低気圧に向かって南寄りの風が強く吹き込んだ。関東でこれまで最も早かった春一番は88年2月5日だった。

水戸地方気象台によると、県内の最大瞬間風速は下館19・5メートル、北茨城18・2メートル、下妻16・1メートルなどだった。

この日、水戸市の千波湖周辺では、強風で波立つ湖面を横目に、髪や上着の裾をなびかせながら散歩する人たちの姿が見られた。

強い風が吹き、なびく髪を手で押さえる女性=4日午後、水戸市宮町のJR水戸駅南口付近
強い風が吹き、なびく髪を手で押さえる女性=4日午後、水戸市宮町のJR水戸駅南口付近


次の記事:境一家殺傷事件 夫妻殺害容疑で埼玉県の26歳男を逮捕

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 10 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス