2021年2月13日(土)

鳥インフル コブハクチョウから検出 潮来

【AD】

環境省と茨城県は12日、潮来市内で死んでいたコブハクチョウ1羽を農業・食品産業技術総合研究機構が確定検査した結果、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N8型)を検出したと発表した。

県は環境省や千葉県と連携し、回収場所から周辺10キロ…


  • 記事全文254文字(あと24文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版
  • 茨城新聞電子版

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 10 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス