【速報】新型コロナ 阿見の事業所でクラスター、病院や私立高の感染者も増える 茨城

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市が14日に発表した新型コロナウイルス新規感染者38人のうち、稲敷市と美浦村の20〜70代男性7人は、阿見町内の事業所に勤務。これまでに公表された2人を加え感染者は計9人となり、県は「クラスター(感染者集団)の発生は否定できない」とした。

坂東市の60代男性と20代男性は、感染者が増えている県内事業所(市町村非公表)に勤務しており、事業所内の感染者は計12人となった。

水戸市と鉾田市の10代女子生徒は、感染が相次ぐ水戸市内私立高校の生徒で、同校の感染者は教職員を含め計12人に広がった。

那珂市の40代男性、ひたちなか市の80代男性2人、城里町の60代男性は、クラスターが発生した那珂市内の病院の医療従事者と入院患者で、感染者は入院患者44人、医療従事者24人の計68人に拡大した。感染した入院患者44人は全員同じ病棟という。

古河市と日立市内の老人ホームでも各1人の感染がそれぞれ分かった。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース