2021年2月16日(火)

初代城里町長の金長義郎さん死去 85歳 デマンド交通導入

金長義郎さん
金長義郎さん

元城里町長の金長義郎(かねなが・ぎろう)さんが15日死去した。85歳。自宅は同町錫高野。通夜は行わず、葬儀は18日午後1時から、同町石塚のJA祭典城里ホール。喪主は長男昌之(まさゆき)さん。

御前山村職員、同村助役を経て、2000年に桂村長選で初当選。05年に常北・桂・七会3町村の新設合併に伴う城里町長選で初当選した。09年の町長選での再選はならなかった。

町によると、小学6年生までの医療費無償化、水道未普及地域(七会地区)の解消、常北中の校舎建設などを手掛けた。また合併による町域拡大に伴い、交通利便性の向上を目的にデマンド交通「ふれあいタクシー」運行にも尽力した。上遠野修町長は「金長さんは城里町の生みの親。発展に多大な貢献をされた。心からお悔やみ申し上げます」と話した。



次の記事:茨城で70人感染 2日連続の70人台

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 13 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス