2021年2月24日(水)

コンテナ航路誘致探る 東京、横浜結び実験 常陸那珂港区 26日まで

トライアル運航でコンテナが積み込まれるチャーター船=東海村
トライアル運航でコンテナが積み込まれるチャーター船=東海村

茨城港常陸那珂港区(ひたちなか市、東海村)の利用促進を目指した、県などによるコンテナ航路誘致の社会実験が始まり、同港区に23日、東京港から第1便が入港した。22〜26日の5日間、複数の荷主が連携して運航するチャーター船が東京、横浜各港とを結び、同港区を活用した海上輸送の課題や有効性を探る。

社会実験は県や茨城ポートオーソリティなどで構成する常陸那珂港振興協会が、民間からコンテナ船のトライアル運航の事業提案を募集。ケービーエスクボタ(大阪)など15〜20社で構成する荷主連合が同港区と東京、横浜港を計3往復する事業を採択した。

トライアル運航では、同協会の支援により、これまで陸上輸送していた貨物を海上輸送に切り替えることで、物流コストの採算性や効率性など課題を探っていく。つくば市内に生産拠点のある農業用機械メーカーのクボタや、同港区周辺で工場を稼働する建機メーカーのコマツなどが貨物運搬を予定している。

ケービーエスクボタの武山義知部長は「常陸那珂港区は使い勝手がいい。東京港における外航船との連絡スケジュールなどを踏まえ、今後の活用を探りたい」と話す。県港湾課は「トライアルによる課題の洗い出しや需要の掘り起こしで、将来的な定期航路増便に結びつけられれば」と期待している。



次の記事:53人感染、60代男性死亡 小美玉の施設クラスターか

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 3 月 3 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス