2021年2月27日(土)

茨城県関与の産廃処分場、計画撤回求める 市民団体が要請書

処分場建設に反対する要請書を県担当者に提出する連絡会メンバー(奥)=県議会
処分場建設に反対する要請書を県担当者に提出する連絡会メンバー(奥)=県議会

茨城県関与の新たな産業廃棄物最終処分場の候補地として、県が日立市諏訪町の採石場跡地を選定したことを巡り、建設に反対する市民団体は26日、計画撤回を求める陳情書を常井洋治県議会議長宛てに提出した。県側には同様の要請書を申し入れた。

市民団体は「県産業廃棄物最終処分場建設に反対する連絡会」。荒川照明代表らが県議会を訪れ、それぞれの担当者に文書を手渡した。

県議会への陳情書では、処分場の建設が自然環境汚染や生活環境の悪化などにつながると主張。計画を断念し、県が3月に予定している市民への説明会も十分な日数を確保するよう知事に働き掛けることなどを求めた。

要請書では、県が搬入ルートとして新たに提案した「南側新設道路」は距離が2キロ以上あり、当初の「整備可能地要件」から逸脱しており「日立市に選定した理由が崩れた」と指摘。県側が2月に示した「課題への対応策」についても、詳細が未定のため「これをもって受け入れの判断を求めるのは適当ではない」とした。



次の記事:茨城で33人 水戸、4日連続二桁

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 4 月 22 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス