2021年3月8日(月)

車窓の風景眺め一杯 関鉄 常総線で「日本酒列車」

「日本酒列車」が出発し乾杯する参加者=関東鉄道常総線
「日本酒列車」が出発し乾杯する参加者=関東鉄道常総線

常総線や沿線の良さを知ってもらおうと、関東鉄道は2月27日、車内で地酒と料理が楽しめる「日本酒列車」を催した。同線守谷-下館駅間で運行、約60人が車窓の風景を見ながら地元の酒を味わった。

同社は「ビール列車」も運行し人気となっていることから、沿線の地酒も知ってもらおうと企画。今回は野村醸造(常総市)と来福酒造(筑西市)が協力した。

当日は守谷駅発。乗客は列車が出発すると、早速、乾杯。里芋煮などが入った特製おつまみ弁当をさかなに、野村醸造の「紬(つむぎ)美人 純米酒」と来福酒造の「来福 特別純米酒」を堪能しながら、常総線の旅を楽しんでいた。

夫婦で参加した守谷市の赤井伸寛さん(46)は「昨年引っ越してきたばかり。鉄道が好きで、常総線のディーゼル列車も好き。茨城の地酒もおいしくて満足」と話していた。



次の記事:茨城、新たに52人感染 3日連続50人超

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 4 月 17 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス