2021年3月21日(日)

ほころぶ桜、水戸に春 観測、02年と並ぶ早さ

ほころび始めた千波湖の桜=20日午後、水戸市千波町
ほころび始めた千波湖の桜=20日午後、水戸市千波町

水戸地方気象台は20日、水戸で桜の開花を観測した。2002年と並んで、観測史上一番早い記録となった。昨年より1日、平年より13日早く、1週間ほどで満開になる見込み。

同日、同気象台職員が、標本木(ソメイヨシノ)に5〜6輪咲いているのを確認した。ここ数日、4月上旬並みの気温の日が多く、開花が進んだとみられる。

水戸市の千波湖では、湖畔の桜がほころび始めている。土浦市おおつ野、会社員、飯島英恵さん(31)は「春が来てうれしい。今年もコロナが気掛かりだけど、見頃の時にまた見たい」と話した。



次の記事:境一家殺傷事件 夫妻殺害容疑で埼玉県の26歳男を逮捕

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 10 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス