次の記事:茨城44人感染 古河の事業所クラスター拡大

茨城県立高入試、53校408件採点ミス 再点検で発覚 さらに2校で2人を追加合格、計3校3人に

会見で謝罪する小泉元伸茨城県教育長ら=水戸市笠原町の県庁
会見で謝罪する小泉元伸茨城県教育長ら=水戸市笠原町の県庁

今春の茨城県立高入試の学力検査を巡り牛久栄進高で採点ミスがあり1人を追加合格にした問題で、県教委は22日、全県立高校での解答用紙の一斉点検により、新たに採点ミスが406件判明し、その影響で不合格とされた受検者2人を追加合格にしたと発表した。追加合格となったのは境高と取手一高の受検者各1人で、計3人目。採点ミスは、学力検査を実施した92校1分校の半数以上の53校で計408件に広がった。大井川和彦知事は同日の臨時会見で「一切の弁解の余地がない事態と認識し、重く受け止めている」と述べ、謝罪した。

県教委によると、採点ミスは全5教科で確認され、約400人分に上る。内訳は、正解・不正解の誤りが142件で最も多く、ほかに、配点や部分点の誤り113件▽集計時の計算忘れ77件▽その他(採点漏れなど)76件。学校別では、土浦二高の53件が最多。

学力検査は正誤と採点をそれぞれ、教員3人ずつで確認する仕組みとなっているが、十分に機能していなかった。

追加合格者のうち、境高の受検者の答案は、国語の漢字の読み書きの問題2カ所で配点を少なくするミスがあり、合計で2点低かった。取手一高の受検者の答案は、国語で正解とすべきところが誤答とされ4点低かった。既に両校の校長が本人と保護者に謝罪、合格を伝えた。

今回の事態を受け、県教委は19日までに、県立高の昨春の入試と、県立中学・中等教育学校の入試2年分の解答用紙についても一斉点検の指示を出した。

大規模な採点ミスが分かったのは、保護者からの解答用紙の開示請求に伴い、17日に牛久栄進高でミスが発覚したのがきっかけ。同高の受検者を含む追加合格者3人のうち、2人が私立高の入学手続きを終えており、県教委は納入金などの面で不利益にならないよう対応するという。

大井川知事に続き会見した小泉元伸教育長は「生徒の将来を決定しかねない重要な場面でミスを犯し、心よりおわびする」と頭を下げ、「開示請求がなければ今回の(大規模な)誤りを発見できなかった」との認識を示した。今後の対応については「早急に再発防止策の徹底を図り、関係者の処分を速やかに行う」と述べた。

■採点の誤りがあった高校は以下の通り。
日立第一
日立第二
多賀
日立商業
日立北
太田第一
大子清流
水戸第一
水戸第三
水戸農業
水戸工業
水戸商業
水戸南
水戸桜ノ牧
勝田
勝田工業
佐和
那珂湊
茨城東
那珂
鉾田第一
鉾田第二
玉造工業
神栖
波崎柳川
土浦第二
土浦第三
石岡第一
石岡第二
中央
竜ケ崎南
江戸崎総合
取手第一
取手松陽
藤代紫水
牛久
牛久栄進
竹園
真壁
下館第二
下館工業
下妻第一
下妻第二
水海道第一
水海道第二
八千代
古河第一
古河第二
古河第三
三和

守谷
伊奈

最近の記事

全国・世界のニュース