稲敷広域消防 現場の様子、映像で 茨城県内初、今月にも「ライブ119」導入へ

【AD】

茨城県南7市町村を管轄する稲敷広域消防本部が4月にも、通報者がスマートフォンで撮影した映像を送ることができるシステム「LIVE(ライブ)119」を試験導入する方針を固めたことが31日、分かった。災害や事故の現場で、迅速な消防、救急の活動に役立…
この記事は有料です

記事全文707文字(あと477文字)

今すぐ読む

1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)。

Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
紙で読む

この記事は「茨城新聞 2021年4月1日(木)付 社会(25面)」です。

月額3,300円(1日当たり110円)でご購読いただけます。一部130円で県内のコンビニでもお買い求め頂けます。

郵送をご希望の方は販売局までお電話ください。
販売局:029-239-3030

購読を申し込む
有料版で読む

月額3,500円で電子版・紙面をお読みいただけます。

電子版

月額330円でニュースプラットフォーム「NEWSmart」にて、茨城新聞の記事をお読みいただけます。3大キャリアをご契約中のお客様であれば簡単に購読が可能です。

NEWSmart

お振り込みをご希望の場合は、1,980円/6ヶ月で承っております。

振込課金版
データベース

月額11,000円で茨城新聞の全ての記事をご覧いただけます(過去記事はPDFでの閲覧)。

詳細はこちら

最近の記事

全国・世界のニュース