2021年4月13日(火)

ドリームガーデン、グランピング施設開業 阿字ケ浦海岸を一望

開業するグランピング施設のイメージ
開業するグランピング施設のイメージ

グランピング施設の設計施工を手掛けるドリームガーデン(茨城県水戸市大場町、田村大社長)は、ひたちなか市阿字ケ浦町にプール付きのグランピング施設を開業する。目の前の阿字ケ浦海岸を一望できるロケーションが魅力で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で高まるアウトドア需要を取り込み、利用客に同市内外の魅力ある観光地をPRしていくことにも力を入れる。

オープンするのは「イーストコーストファイングランピング茨城ひたちなか」。29日にオープンする。

約千平方メートルの敷地に客室の円形テント(定員4人)を6室設置した。テントの広さは約28平方メートル、高さ3メートルで室内にはエアコンや高速Wi-Fiなどを備え、各テントにはアウトドアダイニングを併設。県銘柄牛「常陸牛」や地元産の野菜を使った鉄板焼きなどの料理が楽しめる。敷地内には温水プールもある。

1泊2食付きで、1人当たり平日と日曜は2万7千円、土曜は3万3千円。施設内でパーティーや企業研修、イベントなどもできる。運営はファイングランピング(水戸市元石川町)。

このほか、県内の体験型のアクティビティー施設や観光地、ご当地グルメを提供する店舗などとの連携を進め、客の要望に基づいて連携先を含めた観光コースを提案できるコンシェルジュも配置する。田村社長は「ひたちなかの自然や海の魅力をアピールしたい」とし、「県内にある各地の魅力ある場所を発信できる場所にもしていく」と強調した。

同施設は、県の「ひたちなか大洗リゾート構想」に関連して、ひたちなか市と大洗町の海浜地区の観光振興に取り組んでいる一般社団法人「パラダイムシフト」(同市、磯崎久喜雄代表理事)の事業構想の一環として位置付けられている。

テント内のイメージ(いずれもドリームガーデン提供)
テント内のイメージ(いずれもドリームガーデン提供)


次の記事:33人感染 坂東マッサージ店クラスターか

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 6 月 21 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス