2021年4月19日(月)

新型コロナ 茨城で47人 日立の高齢者施設クラスターか 県職員感染

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は18日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計47人確認されたと発表した。うち2人は日立市内の高齢者福祉施設の利用者で、県は施設内でのクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。県内の累計感染者は7432人。また同日までに確認された陽性者のうち新たに1人が変異株と判明し、県内在住の変異株感染者は累計107人となった。

同施設で感染が判明したのは、90代と70代の女性。4月に公表済みの感染者のうち3人が職員、1人が利用者で、施設内の感染者は計6人に広がった。

水戸市の40代公務員女性は、県庁内の県教委総務課に勤務。内部事務の担当のため、県民との接触はなく、同課のフロアは17日に消毒を済ませた。

水戸市は13人の感染が判明。市内で1日当たりの感染確認が2桁になるのは2日連続となった。

新型コロナ感染者のうち新たに33人が回復。県内の退院・退所などは計6755人となった。

■県内の感染状況
新規 47人
累計 7432人
うち死者 129人
退院・退所等 6755人
(県発表、18日午後10時現在)



次の記事:茨城で73人 牛久の高校、運動部員の感染相次ぐ

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 13 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス